知的障害者支援施設|みなみの里
社会福法人志紋福祉会
  • 障害者支援施設 みなみの里
    • 施設入所事業
    • 生活介護事業
    • 短期入所事業
    • 日中一時支援事業
    • 共同生活援助事業(グループホーム)
      「サンフラワー」
  • みなみの里 相談支援センター
    • 相談支援事業(一般・特定・障害児)
    • 沖縄県障害児等療育支援事業

〒901-0333 沖縄県糸満市
字摩文仁207番地
TEL 098-997-3900
FAX 098-997-3901
施設案内フッタ

HOME >  みなみの里日記 > みなみの里!鯉のぼり掲揚式!

みなみの里!鯉のぼり掲揚式!

皆さんこんにちわ!みなみの里、生活支援員のくんです!

今日から5月がスタートしましたね!沖縄も今年は例年よりだいぶ早く梅雨入りしましたね!出来ることならゴールデンウィークが終わってから梅雨入りしてほしかったですが、雨も天の恵みですね!

さて、今日の午前中のみなみの里の活動は『鯉のぼり掲揚式』でした!

利用者さん、職員さんの手作り鯉のぼりを中庭に掲揚することが出来ました!!風も少しあり、気持ち良く泳いでいるようにも見えます!!

では鯉のぼりについて少し勉強してみよう!

こいのぼり(鯉幟)とは日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午節句である旧暦5月5日までの梅雨の時期のの日に、男児の出世を願って家庭の庭先で飾られた不織布などにの絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しをの形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)とも言う。

皆さん鯉のぼりについて少しは理解することが出来たかな?次の世代にも日本の風習を受け継いでいきましょう!!

   CIMG9563.jpg


↑ このページの上部へ